スペイン人伝授、デリケートゾーンのムダ毛処理

公開日:  最終更新日:2016/05/13

遺伝的に腕や脚のムダ毛も多く、且つアンダーヘアは定期的に手入れしています。
きっかけはスペイン人男性と付き合って、初めてベッドを共にした時、ごめんねと言われたことです。

「日本人は清潔で有名なのに、どうして手入れしないのか分からない。理解に苦しむよ」とがっかりした表情で言われました。

スペインに限らず、ヨーロッパ・アメリカ等ヨーロピアン人種にとって、
アンダーヘアはなくて当然のもので、あると不潔だとみなされると教えられました。
理由は単純、毛があると蒸れて臭いし、性行為の時に邪魔だからだそう。

デリケートゾーンを自分で剃ったり抜いたりするのは抵抗があったので、どうやったらいいか教えてもらいました。
勧めてくれたのは当時はまだ入りたてのブラジリアンワックス。
はっきり言ってモーレツに痛かったですが、つるつるになると不思議な感じでした。

その彼とは一年も付き合いませんでしたが、その時のアドバイスは今も生きていて、以降も女性用のカミソリやハサミで簡単に切る程度にお手入れしています。
日本でアンダーヘアが全くないと、温泉など行った時にかえって好奇の目で見られてしまうので、短く整えています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑